最新の矯正治療メニュー

一般矯正

歯列矯正の治療法にはいくつかありますが、一般的に「歯列矯正」と言えば、歯の表側に歯列矯正装置を取り付けて行う唇側(しんそく)矯正を指します。これは、歯の表側(唇側)に取り付けた"ブラケット"と言う歯列矯正装置にワイヤーを通し、ワイヤーの弾力を利用して歯を少しずつ動かして行く方法です。
従来からある金属製の歯列矯正装置から、透明で目立ちにくいセラミック製の歯列矯正装置や、ワイヤーが細く、弱い力で歯列矯正するため痛みが発生しにくい歯列矯正装置など、バリエーションが広がっています。
歯列矯正治療というと、「金属の装置が目立って、見た目が良くない」というイメージをお持ちではありませんか?
確かに以前の歯列矯正装置(ブラケット)は金属製のものしかありませんでしたので、"唇側矯正=装置が目立つ"というデメリットがありました。
しかし、最近では目立ちにくいプラスチック製のものも開発され、表側からでも、比較的目立たない矯正治療が可能になってきました。
また、症例や患者さまのお口の状態によりますが、平均的な治療期間は約1年半~2年です。(ケースによって期間は延長されます。)

メリット

歯列矯正の中で一番リーズナブルです。
どのような歯並びにも歯列矯正が可能です。
最もスタンダードな歯列矯正治療法で、歯列矯正症例実績も豊富です。

デメリット

歯の表側に歯列矯正装置を取り付けるため、歯列矯正していることが目立つ、審美性に問題がある。最近は素材が改善され、あまり目立たない歯列矯正装置も増えてきました。
歯列矯正期間が2年以上の長期間に渡ることが多い。

表側からでも、目立たない歯列矯正治療が可能

歯列矯正装置を歯列の裏側に装着する舌側矯正であれば、表側から装置が見えることがほとんどなく、見た目を気にする必要がありませんが、特殊な装置やテクニックを必要とするため、治療費が高額になってしまうというデメリットがあります。

また、施術を行っていない歯科医院・矯正歯科医院も多いため、どなたでも気軽に受けていただけるというわけではありません。
そこで最近では、目立ちにくく、色々な歯列矯正装置(ブラケット)が開発されるようになりました。
プラスチック製やセラミック製の装置は白色や半透明(中にはほとんど透明に近いものもあります)で、歯の表側に装着しても目立ちにくく、唇側矯正であっても装置を気にせず治療を受けていただけますので、歯列矯正中の患者さまの精神的な負担を大幅に軽減できるようになりました。
より目立たない方法での治療をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

強化プラスチック製矯正装置

半透明で歯の色に近いものです。金属製のものと比べて目立ちにくく、歯列矯正装置を外すときの歯への負担が少ないのが特徴です。
※当院では白いワイヤーも使用して治療をしております。

ラディアンス

・単結晶サファイアを使用していますので、輝くような透明感を持っており、審美性が非常に高い歯列矯正装置です。
・特殊な表面加工を施して強度を増していますので、壊れにくい歯列矯正装置です。
 また表面が非常に滑らかなため、着色しにくい、汚れがつきにくいなど、衛生面でも優れています。
・歯列矯正装置全体が丸みを持っていますので、従来のものよりも装着時の違和感が軽減されました。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

お問い合わせ

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/07/26
歯のホワイトニングガイド
若々しく見える笑顔には、白く輝く歯が欠かせません。 だけど、歯の色が気になって、

2017/07/18
ICOI国際口腔インプラント学会2017
    7/14~16日の3日間、日本支部総会、学術大会が東

2017/07/18
アンカーインプラントの失敗
矯正用アンカーインプラント埋入手術の失敗の基準がない。    

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)