News

メールマガジン

メルマガ 2009年 10月 発行

さわやかな秋晴れが続き、気持ちの良い季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
シルバーウィークや体育の日、文化の日や勤労感謝の日など、秋は祝日が多く、どこかにお出かけしたくなりますよね。11月には深沢先生がアメリカでの国際学会出席のため、医院をお休みにして、皆様にはご迷惑をおかけすることと思いますが、スタッフとしてはいつも一生懸命仕事をしている深沢先生に合間に観光でもして、ほっと一息ついてほしいものです。
今回は大きな講演会をおこなったので、そちらを報告したいと思います。

リンガル矯正セミナー 8/30

台風11 号が近づき、選挙の当日リンガル矯正セミナーをおこないました。いらした先生方には私が長年おこなってきた裏側(舌側)矯正法とFLB 矯正装置の使用法がわかっていただけたと思います。
FLB システムは私が12 年前から考えて臨床に実践してきたシステムです。長年の経験と結果があります。人を治療するわけですから治療データがない治療や治療システムを先生方に講演するわけにはいきません。最近多くの裏側(舌側)矯正のトラブルの相談が来るので、細部まで説明させていただきました。

リンガル矯正とは

リンガル矯正は、裏側矯正、舌側矯正、みえない矯正と同義語です。歯の裏側に矯正装置をつけて治療をする方法です。 最近ネット上でさまざまな用語が載っていますが、どれも同じなのです。
ただ問題なのは、この治療法、装置で100 点満点に近い点数で治療できる人がいないことです。若い先生方は、患者様がほしいとばかりに、必ずこれらの用語を載せていますが、治療法なので誰でもこの方法で治療できますが、高得点で治療することは難しいのです。

舌の快適性

裏側(舌側)矯正に使用する装置は小さければ小さいほど患者様の負担は軽減されます。何年もつけるわけですから、絶対に小さい装置のほうが良いです。しかし、小さければ小さいほど治療技術が必要となります。大きな舌側矯正装置を使用しているということは、技術的にはまだまだですが、良い結果にできないのであれば無理して小さい装置を使うべきではありません。
FLB 裏側(舌側)矯正装置は驚くほど小さい装置ですが、ちゃんと勉強すれば大変きれいに治療できます。今回セミナーで講演したのですが、多くの先生方が躊躇しています。患者様のためです。がんばって勉強してください。お願いします。

FLB 裏側矯正研究会

来年の研究会の予定がまとまってきています。理事の義澤先生には裏側矯正ベーシックコースをしていただき、私は、インプラント併用のアドバンスコースを考えています。
コルチコトミーやフラップレスヘミオステオトミー、ヘミオステオトミーはスピード矯正研究会で引き続きコースをおこなっていきます。アスカ矯正歯科の義澤先生、来年もよろしくお願いします。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)