News

ドクターニュース

矯正専門医の矛盾

矯正治療は、難しく、矯正専門医が治療しないと患者様に不利益を与えると学会や矯正専門医が主張しています。
しかし、その専門医が、インプラントの専門医でもないのにアンカーインプラントの手術をし、インプラント矯正をしています。
矯正治療は難しいと言っても、人は死にませんが、インプラントの失敗では人は死にます。専門医制を主張するのであれば安易にインプラント手術をすべきではありません。
また矯正専門医は、顎関節症の専門医でもないのにスプリントで顎関節症を治療しようとします。
顎関節症には、顎関節学会が認めた顎関節専門医がいるのだから、安易に顎関節の治療はすべきでなく専門医に治療を依頼すべきです。
矯正治療はそんなに難しいのでしょうか。他の専門医以上に優秀なのでしょうか?
しかし、矯正治療は難しいと主張している専門医が積極的にインビザラインの様な歯科医の指先の技術を必要としない矯正法をおこなっています。
インビザラインは、すべてコンピューターでシミュレーションして装置を作るので、クリンチェックが同じであれば、どの歯科医がしても同じ結果になります。
アメリカでは、矯正専門医ではなく虫歯の先生のほうが積極的に使用しています。本当に矯正治療だけがそんなに難しいのですか?

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)