銀座矯正歯科のご案内

スタッフ紹介

歯科医師

杉森 匡

東京医科歯科大学出身

■ご挨拶

矯正治療は元来、患者様皆様にとって『期間がかかる』『装置が目立つ』『費用がかかる』『健康な歯を抜く』といった、精神的、身体的、また経済的にも決して簡単ではない治療でした。その負担を少しでも減らしていきたいという気持ちが、患者様皆様と我々矯正歯科医の共通の『願い』です。

そういった『願い』を叶えるべく、当院では『矯正のスピード治療』や『みえない矯正装置』、また患者様の様々なニーズに合わせた治療をプランニングし、実践しております。見た目を美しくする『審美歯科』が近年注目されていますが、その一方で『咬み合わせ』の重要さも、同様に大きなトピックとなっております。

一般的に矯正治療は、見た目を美しくする事に偏りがちな治療と思われる事も少なくありませんが、当院の矯正治療は見た目の美しさと咬み合わせのどちらに偏る事なく、どちらも最大限に改善できる治療であると自負しております。そのために学会参加、院内研修会、職種別ミーティングを行い、常に最高の医療を提供できるよう日々努めております。
矯正治療を少しでもお考えの際には、どうぞお気軽にご相談下さい。

■銀座矯正歯科、深沢先生についての感想

『夢のような治療』を実現している歯科医師です。自他ともに非常に厳しく、妥協を許しません。また、常に新しい知識と技術を学び、実践しております。それでいて、自身の歯科医学的価値観を主張する事なく、あくまで治療の主導権は患者様に有る事を常に忘れずにおります。

同じ歯科医として常に刺激を受け、『歯科医として、こうでなければいけない』と気付かせてくれる院長であり、上司であり、大先輩です。

歯科医師

中嶋 亮

■ご挨拶

この度、矯正医として銀座矯正歯科に勤務させて頂くことになりました。私は日本大学松戸歯学部を卒業後、大学院で歯科矯正学を専攻し、矯正治療時の歯の移動に関わる歯周組織の反応を研究テーマとしていました。歯の移動速度を速めることを目的に大学院から助手まで8年間研究して参りましたが、もっと直接的に治療期間を短縮できる方法はないか、と探してたどり着いたのが深澤院長と矯正のスピード治療です。

深澤先生は一流の臨床家でありながら、一流の研究者でもあります。現在、コルチコトミー併用矯正は世界中の矯正医が興味を持っている分野ですが、深澤先生はコルチコトミー併用矯正のオリジナルである寿谷先生から学んだ本流でいらっしゃいます。深澤先生の下でスタッフとして参加できることは本当に幸運なことだと感じています。患者の皆様の健康で素敵な笑顔作りのために尽力させていただきます。よろしくお願いいたします。

■略歴

・ 日本大学松戸歯学部卒業、日本大学大学院修了
・ 大学院修了後、歯科矯正学講座助手として勤務
・ 厚生労働省 臨床研修指導医資格取得
・ 日本大学松戸顎顔面外科学講座兼任講師

■おもな所属学会

・ 歯科基礎医学会
・ 日本顎咬合学会
・ 日本矯正歯科学会
・ ICOIインプラント矯正認定医

■論文・学会発表

Effects of compression force on fibroblast growth factor-2 and receptor activator of nuclear factor kappa B ligand production by periodontal ligament cells in vitro. J Periodontal Res. 2008 Apr;43(2):168-73.
その他、関連論文数7、学会発表多数

歯科医師

山田 邦彦

■ご挨拶

私は今まで唇側, 舌側の矯正治療を行ってきましたが, 深澤先生の治療を初めて見た時, 大きな衝撃を受けました。治療後の美しい歯並びと咬合はもちろんのこと, 治療期間, 見えない装置を使いたいという患者様の要望に高いレベルで応えていることなど, 今まで学んできたことを覆すものでした。

深澤先生は高度な歯科臨床の知識, 技術を持つだけではなく, 多くの国内外の学会に参加し発表も行っております。また, 現状に満足せず常により良い治療を考え様々な勉強会にも参加されております。

深澤先生は私たち歯科医師の憧れであり, 目標です。先生の下で, 最高の矯正治療を提供し, 患者様の素敵な笑顔を作る手助けが出来ればと思います。

■略歴

・ 日本大学松戸歯学部卒業
・ 日本大学大学院(矯正学)修了

■おもな所属学会

・ 日本矯正歯科学会
・ Charles H. Tweed International Foundation for Orthodontic Research and Education

■論文・学会発表

Th17-cells in atopic dermatitis stimulate orthodontic root resorption. Oral Dis. 19(7), 2013, 683-93.
学会発表多数

矯正担当医師挨拶

伊藤 ゆかり

■ご挨拶

日本の矯正治療でもアメリカの最先端技術が導入され、日々大きく進歩しています。
私が深沢先生の元で仕事をしているのは、舌側矯正や矯正のスピード治療といった高度な技術が習得できるからです。
そのために毎日治療技術を磨き、知識を高める努力を続けています。
私の技術と女性ならではの感性が、女性の患者様のお役にたてれば幸いです。

アドバイザースタッフ

細村 直伺

■ご挨拶

ハーバード大学歯学部矯正科で学んだ矯正を銀座矯正歯科の患者様に活かしていきたいと思います。

■略歴

・ニューヨーク大学歯学部卒業
・ハーバード大学矯正学大学院卒業

スタッフ

院 長:深沢真一
矯正担当:伊藤ゆかり
審美・歯周形成担当 :西橋光栄 社本浩明
口腔外科担当:佐藤淳一 加藤道夫

院長挨拶

深沢 真一

適正な歯科治療を学び、その利点を患者様に提供し続けることが患者様の信頼を得続けることと信じております。
不完全な診断とそれに基づく最低限の治療は、一時的には安価な治療費ゆえに歓迎されるかもしれませんが、長期的には、ずっと高価な治療費を要するものになってしまうでしょう。
適正な歯科治療に関する正しいビジョンを持ち、それを実際に意欲的に患者様へ与えていくことで 歯科医師としての本領を発揮でき、一人の人間として、専門職に携わる者として本当の幸福を亭受できると考えております。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

お問い合わせ

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)