ブログ

タバコを吸うと虫歯にもなりやすい?

「喫煙をすると歯に色がつきやすいというのはわかるけど、虫歯になるってどういうこと?」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし実はタバコを吸う人は、吸わない人の約3倍も虫歯になりやすいといわれているのです。

 

一体なぜなのでしょうか。

 

 

①ヤニが口内環境を悪化させていく

まず、タバコを吸うことによって歯や歯茎にヤニが付着します。

口腔内を不衛生な状態にした上、歯茎の健康に欠かせないビタミンCを破壊して、口内環境をどんどん悪化させて
いきます。

 

②口中が乾燥し、自浄作用がなくなる

虫歯菌が歯を溶かすために出す酸を中和してくれる唾液の分泌量も、喫煙によって低下します。

その結果、口中が乾燥し、自浄作用が働かなくなり、歯垢がたまりやすくなっていくという
悪循環に陥ります。

 

 

③歯垢が歯石に変化する。

たまりにたまった歯垢は、だんだんと歯石に変わってさらに取れにくくなり、虫歯の原因になります。

また、歯石の表面は凸凹なので、最近が留まりやすく歯周病のリスクも上昇します。

 

 

④歯が変色するタバコに含まれるニコチンやタールは着色の原因となる物質です。

タールは粘着性の物質で、汚れやニコチンを吸い寄せ、歯にしっかり付着して、歯の着色汚れの大きな原因となるのです。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/11/2
タバコを吸うと虫歯にもなりやすい?
「喫煙をすると歯に色がつきやすいというのはわかるけど、虫歯になるってどういうこと

2017/11/2
笑顔美人をつくるマウスケア
私の周りの「笑顔が素敵な人」周りにいる笑顔が素敵な人を思い浮かべてみてください!

2017/10/27
マウスピース型矯正装置(インビザライン)スタッフセミナーに行ってきました
先日マウスピース型矯正装置(インビザライン)のスタッフセミナーに行ってきました!

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)