ブログ

アンカーインプラントの失敗

矯正用アンカーインプラント埋入手術の失敗の基準がない。

 

 

そのためなにをもって失敗かということになるが普通に考えてデンタルインプラントの基準にならうのが一番素直ではないでしょうか!

 

しかしデンタルインプラントはパーマネント、一生口腔内に存在し機能してもらうものですが、矯正用アンカーインプラントは治療終了後除去する必要があります。

 

その為、インプラント埋入手術後の生存率は矯正用アンカーインプラントの方がデンタルインプラントより劣るのは当たり前となります。

 

都合よく矯正治療中は安定して骨の中に存在し、治療後簡単に抜けてほしいなんて物は難しいのです。

 

 

 

しかしインプラント埋入時にメインの神経、血管の主幹に触れたり、歯根に触れたりすることは失敗です。

 

 

当然、神経、血管を切断したりすれば失敗です。

 

 

それでは主幹から分かれている細い神経や血管を傷つけた場合はどうでしょう。

 

 

これは普通問題ありません。

 

細い枝の神経、血管を触ってはいけないとなるとどんな手術もできません。

 

人間の体の中で神経、血管が分布していない場所はほとんどありません。

手術後の一過性の腫れや痛みは合併症といいます。治癒するのが普通です。

もし、神経、血管の枝で何らかの症状が出た場合は手術が原因でなく、本来持っている病気の誘因と考えます。

こういった診断学は歯科医はトレーニングされていないため、とんちんかんな者が多いです。

 

矯正歯科医はなおさらです。

 

 

インプラントの上顎洞への貫通はどうでしょうか?

 

インプラントが感染していなければ上顎洞には何の問題もありません。

 

 

上顎洞は体内ではありません。

 

 

インプラントにより上顎洞に貫通した場合一過性に炎症が生じますが、それは合併症であるのでしばらくすればなくなります。

 

 

しかし、上顎洞炎になった場合はインプラント手術が誘因であり本当の原因を探す必要があります。

 

 

インプラントにより上顎洞粘膜が裂開しただけでは上顎洞炎は起きません。

 

 

上顎洞炎のほとんどの原因は上顎洞の換気と排泄不全です。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)