ブログ

マウスピース型矯正装置(インビザライン)VS裏側矯正どっちがよいの!

ネット上では盛んにこのテーマの記事が掲載されています。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の方が得意な先生はマウスピース型矯正装置(インビザライン)優位と書き、裏側矯正が得意な先生は裏側矯正を優位に書きます。

 

どちらも得意でない先生は両方の悪口を書きます。

 

だいたい両方の悪口を書く先生の医院には患者さんは行きません。

 

暇だから知恵袋などにウソの内容を書き込みます。

私から言わせれば最低な人間で勉強したらとアドバイスしたいです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の方が良いと書いている先生は裏側矯正が出来ない先生がほとんどですから内容は正しくありません。

 

裏側矯正の方が良いと書いている先生はそこそこ裏側矯正ができる先生ですが、私の知る限り本当に上手に裏側矯正が出来る先生は一握りで、ほとんどが下手くそで舌側矯正学会から認定医を買って患者を騙しています。

ただし、マウスピース型矯正装置(インビザライン)もできます。

 

しかし、裏側矯正より下手だから裏側矯正を上位に書きます。

 

本当は、真実はどちらが良いのでしょうか!

裏側矯正もマウスピース型矯正装置(インビザライン)も上手にできるのであれば患者さん次第ということです。

 

☆社会的にどうなのか?

日本の航空会社のキャビンアテンダント(スチュワーデス)はマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用できません。

また一流会社の受付けなどもだめです。

仕事中外していないとだめだそうです。

1日最低でも20時間以上装着しないと治りません。

 

☆患者本人の性格はどうなのか?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は22時間使用が必要です。

最低でも20時間、1日24時間ですからマウスピース型矯正装置(インビザライン)を外していられるのは1日に2~4時間、使えますか?

あるコンサルタント会社のデータでは日本人の40%が脱落するそうです。

 

でも心配しないでください。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を試してみたいのなら試してください。

無理ならその時裏側矯正へ変えればいいのです。

銀座矯正歯科は両方の装置の高い技術を持っています。

そして料金は差額分を払って頂ければ結構です。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/11/2
タバコを吸うと虫歯にもなりやすい?
「喫煙をすると歯に色がつきやすいというのはわかるけど、虫歯になるってどういうこと

2017/11/2
笑顔美人をつくるマウスケア
私の周りの「笑顔が素敵な人」周りにいる笑顔が素敵な人を思い浮かべてみてください!

2017/10/27
マウスピース型矯正装置(インビザライン)スタッフセミナーに行ってきました
先日マウスピース型矯正装置(インビザライン)のスタッフセミナーに行ってきました!

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)