ブログ

矯正用インプラントの事故・医療過誤

矯正用インプラントの破折事故が頻発していることをこれまでもブログに書いてきました。

 

 

 

矯正用インプラントが破折する理由は3つあります。

 

 

1つ目はインプラントの不良品です。

これはインプラントメーカーに責任があります。

 

2つ目はインプラントに強いトルク力を持続的にかけた場合です。

 

これは術者(歯科医)の責任です。

 

では強いトルク力とはどのくらいの力なのでしょうか?

 

 

 

それはインプラントのメーカーや材質、大きさなどによりそれぞれ異なります。

ではどうやって調べればよいのでしょうか?

 

簡単です。

インプラントに付いている添付文書を読めばいいのです。

薬と同じで添付文書は絶対です。

 

 

診療ガイドラインと同等なものですから添付文書に従わない場合は相応の理由が必要となります。

もし診療ガイドライン=添付文書に従わずインプラントを破折した場合、それは医療過誤です。

 

 

医療過誤とは診断・治療の不適正、施設の不備等によって医療上の事故を起こすことです。

 

3つ目はドクターのスキルによるものです。

技術が未熟であればこういった事故は起こります。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)