ブログ

食いしばり、歯ぎしりによりどんな事が起こる?ブラキシズムの症状

無意識のうちに歯をすり合わせてキリキリと音を立てる「歯ぎしり」や、強い力で噛みしめてしまう「食いしばり」などの症状を総称して「ブラキシズム」といいます。

milk2016

 

今日はブラキシズムによりどんな症状が現れるのか、福島民報の朝刊からご紹介します。

 

 

こられの症状が原因となり、歯の破損や知覚過敏、顎の関節の障害など、重大な問題を引き起こします。

 

また、口の中だけでなく、頭痛や肩こり、首の痛み、こめかみの痛みなどが、噛みしめる時に動く咬筋や側頭筋の

過緊張が原因で起こることが多くあります。

 

piza2016

通常食べる時や飲み込む時に使う筋肉が緊張したり不安定になったりした時に、「ブラキシズム」が起きている

場合が多くあります。

 

そのような状態に陥る時間や力が大きいと筋肉が疲れて痛みを出して、不快症状が現れやすくなります。

 

場合によっては、噛みしめる時に唾液と一緒に空気をたくさん飲み込んでしまい、げっぷや胃の不快感、腹部の張りやガスがたまるなどの症状を引き起こしたり、さらには胸の痛みなども引き起こす場合もあります。

 

これらの症状に対して、歯科では「噛みしめ」や「くいしばり」が少なくなるように指導し、リラクゼーションの習慣を得られるように導きます。

walk-1031039_960_720

場合によってはスプリント(樹脂製のマウスピース)を作製して、これらの症状に対して治療しています。

銀座矯正歯科ではこの樹脂製のスプリントを患者様にご提案し、ほとんどの患者様がスプリントをされております。

 

 

スプリントは矯正装置を装着しながら顎を正しい位置に動かすことができる為、矯正治療期間を短縮できるだけでなく、食いしばりによってできた余分な筋肉が落ちることによりフェイスラインがすっきり!

 

 

portrait-1320810_960_720

女性にたいへん喜ばれております。

気になる方は無料相談でお話しを伺っておりますので、宜しければお悩みをお聞かせてください。

まずはこちらのホームページより資料をご請求ください。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)