ブログ

妊娠された皆様へ

 

この度は妊娠、誠におめでとうございます。

おめでたいことではありますが、

それと同時に中には矯正治療に対して不安を抱かれる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

そこで、少しでも安心して治療、出産に臨んでいただけるように、よくある不安や質問について知っていただきたいと思います。

 

 

Q1.矯正は続けられるの?

A.続けられます。妊娠中も皆様調整は続けていきます。

しかし、ご気分がすぐれない時や、水平位が辛いと感じたら、お身体のことが第一なので、絶対に無理はなさらないで下さい。

インプラントや抜歯等、麻酔や投薬が必要な処置は基本的には行いません。

 

 

Q2.レントゲンは撮っても大丈夫なの?

A.妊娠中はレントゲン撮影は行いません。お腹の中の赤ちゃんに影響が出ることはまずありませんが、万一に備え、銀座矯正歯科では行っておりません。

そのため、骨や根の状態がしっかりと確認できないので、治療ペースを落として調整していきます。

妊娠がはっきりとわからない期間も同様です。

 

 

Q3.装置つけたまま出産するの?

A.はい。つけたままご出産していただけます。出産までは通える範囲で通院していただき、出産後、お口の中の状態をみて、そのまま調整を続けていけます。

また、安定期であれば、装置を外すことも可能です。

 

 

Q4.産後、どのくらいで来院すればいいの?

A.どのくらいという決まりはありません。

ご出産されて落ち着いて、再度通院できるようになりましたら、ご連絡下さい。

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/09/1
マウスピース矯正の始まり
マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。    

2017/08/7
医の倫理
医療はエビデンスベースでなければならない。 この事は今の医療の根幹である。学会が

2017/08/4
マウスピース矯正 約600ケース以上
銀座矯正歯科のマウスピース矯正は600ケースを越えています。 しかし、インビザラ

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)