aa ブログ | 銀座矯正歯科
ブログ

コルチコトミー矯正プログラム

今年のコルチコトミー矯正、ピエゾシジョン、ピエゾパンクチャー、コルティシジョンのプログラムは12月17日18日に行う予定です。

 

今年で約10年目のプログラムです。

 

私のメンターの1人である西川先生を講師に迎えて寿谷法コルチコトミー、そして、寿谷法コルチコトミー後私が研究、勉強してきたコルティシジョン、ピエゾシジョン、ピエゾパンクチャーなど外科によるスピード治療、加速矯正を中心に実習や講義を行います。

今年、スピード矯正研究会はPAOO、ウィルコドンティクスのウィルコ兄弟の講習会を受けにフィラデルフィアまで勉強に行ってきました。

 

そして会員の中嶋がスピード矯正研究会の考え方、症例、スピード治療について講演してきました。

会をバックアップしてくださるアカデミー会員も充実し、ファンクショナルアプライアンスやMFTなどの成長期の矯正治療よりエビデンスが確立してまいりました。

タバコを吸うと虫歯にもなりやすい?

「喫煙をすると歯に色がつきやすいというのはわかるけど、虫歯になるってどういうこと?」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし実はタバコを吸う人は、吸わない人の約3倍も虫歯になりやすいといわれているのです。

 

一体なぜなのでしょうか。

 

 

①ヤニが口内環境を悪化させていく

まず、タバコを吸うことによって歯や歯茎にヤニが付着します。

口腔内を不衛生な状態にした上、歯茎の健康に欠かせないビタミンCを破壊して、口内環境をどんどん悪化させて
いきます。

 

②口中が乾燥し、自浄作用がなくなる

虫歯菌が歯を溶かすために出す酸を中和してくれる唾液の分泌量も、喫煙によって低下します。

その結果、口中が乾燥し、自浄作用が働かなくなり、歯垢がたまりやすくなっていくという
悪循環に陥ります。

 

 

③歯垢が歯石に変化する。

たまりにたまった歯垢は、だんだんと歯石に変わってさらに取れにくくなり、虫歯の原因になります。

また、歯石の表面は凸凹なので、最近が留まりやすく歯周病のリスクも上昇します。

 

 

④歯が変色するタバコに含まれるニコチンやタールは着色の原因となる物質です。

タールは粘着性の物質で、汚れやニコチンを吸い寄せ、歯にしっかり付着して、歯の着色汚れの大きな原因となるのです。

笑顔美人をつくるマウスケア


私の周りの「笑顔が素敵な人」周りにいる笑顔が素敵な人を思い浮かべてみてください!

共通する特徴がありませんか?

 

 

“口角がキュッと上がった笑顔は文句なく可愛い”

“思いきり口を開けて笑った時息が爽やかだと清潔感があります”

“笑った時に白い歯が見えると華やかで印象的”

 

 

 

笑顔の素敵な人は周囲を明るくできる!笑顔の素敵な人には周囲を明るくさせるオーラがあると思いませんか?

 

笑っている人を見てると、自分も幸せな気持ちになったという経験は誰にでもあるはずです。

 

逆に眉間にシワを寄せている人を見ていると自分まで不安な気持ちになったり心配してしまったり…。

 

仕事やプライベートに忙しく何かとストレスが感じがちなお年頃だからこそ、常に笑顔でいることを心がけたいものですね。

 

 

そして、素敵な笑顔になるために必要なのは、美しい口元です。

にっこり笑った白い歯には清潔感があり、上向きの口角はヘルシーではつらつとした印象を与えます。

口元に自信を持つためにマウスケアに対する意識を高く持って!

日々の歯磨きやケアはもちろんですが、歯並びや口元のコンプレックスは迷わず銀座矯正歯科へ無料相談にお越し下さい。

笑顔美人を目指しましょう。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)スタッフセミナーに行ってきました

先日マウスピース型矯正装置(インビザライン)のスタッフセミナーに行ってきました!

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の歴史やマウスピース型矯正装置(インビザライン)の症例、患者さんへの説明方法など教えていただきました。

 

以下よく銀座矯正歯科のスタッフブログでも書かれてる事ですがこんなお話をされました。

マウスピース矯正は綺麗に治らないとネットではネガティブな噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

 

エドワードアングル先生がワイヤー矯正をはじめてから約100年。

それに対してマウスピース型矯正装置(インビザライン)は約20年の歴史なのでワイヤー矯正と比べるとまだ新しいシステムなのです。

そのため技術が追いつかないドクターも少なくないそうです。
従来のワイヤー矯正が得意な先生は、得意分野で患者さんを治したいからなんですね。

そしてネガティブな見解の先生ほどマウスピース型矯正装置(インビザライン)についてよくご存知ないそうですよ。

 

 

また、マウスピース型矯正装置(インビザライン)に限らず矯正全般に言えることで、これもまた同じようなことが銀座矯正歯科のブログに書いてありますが

マウスピース型矯正装置(インビザライン)治療を成功させる以下の3つの要素が大切だそうです。

①ドクターの正しい診断
②理にかなったクリンチェック治療計画
③患者さんのコンプライアンス

ドクターの正しい診断、理にかなった治療計画があっても患者さんが1日20時間装着しなければ治らないという事です。

そこは患者さんを見極めていかないといけないので、スタッフがいかにコミュニケーションをとるかだと言われました。

先生が1人で頑張ったからといって治るものではないという事ですね。
スタッフの一人ひとりの気遣いや認識が大切だと感じました。

そしてそして
話は変わりますが銀座矯正歯科はありがたいことに患者さんが毎年増加してるためまた新しいスタッフを募集しております

 

来年度の新卒の衛生士さんの募集がはじまってますので、定員になる前にお早めにお問い合わせくださいね☺︎
既卒の募集は随時行っておりますので、ご興味お有りの方はお気軽にお問い合わせください♪

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース矯正の始まり

マウスピース矯正の始まりは、矯正学の終りの始まり。

 

 

マウスピースによる短期の矯正治療は、ブラケットによる短期治療より難しくありません。

 

 

 

 

なぜかと言うとほとんどの責任は、患者様にあるからです。

 

 

こちらの指示どおり1日20時間以上装着しなければなおらないだけで、装着さえしてもらえばブラケット治療ぐらいまでは治療できます。

 

 

ブラケット治療の様な難しいスキルを必要としないので、マウスピース独特の歯の動きさえ理解できれば安全に早く治療できます。

 

 

 

 

実際の銀座矯正歯科での症例をお見せます。

 

 

 

歯の加速移動装置をマウスピース矯正に使用しました。

 

~治療前~

 

~治療中(マウスピース型矯正装置(インビザライン)+加速装置)~

 

~治療後~

 

矯正期間1年以上が予想される症例でしたが、3ヵ月半で終了しています。

1 / 10312345...102030...最後 »

矯正歯科治療のためのコルチコトミー

当サイト内に掲載されている「スピード治療」や「コルチコトミー」に関する内容は、「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」書籍からの引用をしております。

※ インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医療品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

お問い合わせ

銀座矯正歯科 公式Lineアカウント

友達を追加する

LINEID @hcf3746n

銀座矯正歯科公式アプリ

銀座矯正歯科のアプリができました。
Appstore、GooglePlayから『銀座矯正歯科』と検索、もしくはQRコードよりダウンロードして下さい。

銀座矯正歯科公式アプリ

BLOG

2017/12/4
コルチコトミー矯正プログラム
今年のコルチコトミー矯正、ピエゾシジョン、ピエゾパンクチャー、コルティシジョンの

2017/11/2
タバコを吸うと虫歯にもなりやすい?
「喫煙をすると歯に色がつきやすいというのはわかるけど、虫歯になるってどういうこと

2017/11/2
笑顔美人をつくるマウスケア
私の周りの「笑顔が素敵な人」周りにいる笑顔が素敵な人を思い浮かべてみてください!

理事長書籍のご案内

理事長書籍のご案内

筆者の一人として深澤が執筆した本が出版されました。
加速矯正ー理論と臨床ー
●出版社 ロッキーマウンテンモリタ

理事長書籍のご案内

矯正歯科治療のためのコルチコトミー
●出版社 ワイリー・ジャパン

理事長書籍のご案内

歯列矯正はドクターで選べ~スピード矯正 最新の矯正治療~
●出版社 株式会社 コアラブックス
●定価 1365円(税込)